メガネと視力について

元メガネ販売店店長がメガネと視力についての疑問にお答えします

Original photo by thinkretail

生涯メガネを使用しないで済む人はいない

      2014/11/17

日本人の平均寿命の80歳くらいまでにメガネを使用しないで生活できる方はまずいません。年齢と共に目の状態も変わり、ほぼ全ての人がメガネやコンタクトなどの視力矯正が必要な時が訪れます。

もし、現在までにメガネを使用しておらず、遠く、もしくは近くを見る時に不便を感じることがあるならメガネ販売店などで相談をして客観的な目の状態を知り、必要に応じてメガネの使用を始めましょう。

スポンサーリンク

メガネが必要となるタイミング

目の状態は人により様々ですが、それでもメガネを使用するときは必ず訪れます。主な必要となるタイミングを上げておきます。

日本人には近視の屈折異常を持つ人が多い

近視の状態になると遠くの物が見えずらくなります。これを改善するためにメガネなどで視力矯正を行い遠方の視力を確保します。

一般的な目安にはなりますが、メガネの常用を始めるくらいの度数になりますと、ご自身の目で遠くの物をきちんと見える範囲が50cmほどになっています。それ以上遠くの物はぼやけて見えていることになります。

近視の程度にもよりますが、学生の頃に近視の状態になると離れた席から黒板の文字が見えづらかったりしますので必要に応じてメガネを使用することになります。

車社会

普通自動車免許を主になんらかの免許を取得している方の割合は半数を超えています。ご存知の方も多いとは思いますが、自動車を運転する際には遠くを見るために必要な視力が定められています。免許の取得の時期にメガネを使用し始める方も多いのではないかと思います。

余談ですが、眼鏡使用になっていない方でも車の運転には充分な視力を得ている方が運転自体が快適になります。潜在的にメガネを使用した方がいい方もたくさんいるはずです。

40代以降で現れる目の老化現象

40歳を過ぎたころから近くが見えづらくなる症状が出てきます。これは目の老化現象の症状の1つで、当然ほぼ全ての方に目の機能の衰えはやってきます。これまで目の良かった方は近くを見る際にメガネのお世話にならないと、新聞や本を読んだり、お仕事などで書類作成などの事務処理などを行うのに支障が出てきます。

このように「近視」や「遠視」などの屈折異常の目の方はもちろんですが、目のよい方でもメガネを使用するときは必ずやっていきます。

とらえ方の問題ですが、全ての人が使う可能性のあるメガネですから、無理に我慢したりせず、楽に視力を得られるメガネを使用し、メガネと上手に付き合っていきましょう。

 - 元メガネ屋が語る基礎知識, 悩み

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

513
強度の近視です|レンズの薄いメガネを作りたいです

近視の度数の強い方は、薄型のレンズに予算を掛けても思ったような仕上がりになりづら …

addition
遠近両用メガネを作る上で重要な加入度数(add)を知る

遠近両用メガネを作る上で重要な要素となる項目はたくさんありますが、その中でも重要 …

progress
度数がどんどん進行してしまう

10代前後にメガネを使用し始める方の多くが視力低下がどんどん進んでしまう悩みを持 …

harmful-effects
掛けるべき?|メガネを使用しないことで起こる弊害

本来メガネを使用した方がいい目の状態の人が何らかの理由で意図的にメガネを使用しな …

503
近視のメガネ|目が小さく見えるのを改善したい

メガネの近視のレンズは、レンズ越しに映るものを小さくしてしまいます。 顔の輪郭の …

reading-glasses
老眼鏡の基礎知識

「老眼鏡」というメガネの存在自体はご存知の方も多いと思いますが、すでに使用してい …

repair
メガネの修理・調整|レンズが外れやすい場合の対処方法

メガネのレンズが少しの力でも外れてしまう場合の対処方法をフレームのタイプ別に解説 …

knowledge-senior-glasses
遠近両用メガネの選び方|購入前に知っておきたい10項目

老眼の症状がある方なら1度は購入を検討する「遠近両用メガネ」ですが、使用者の「慣 …

use-of-bifocals
1分で理解できる|遠近両用メガネの使い方

複雑な仕組みでできている遠近両用のレンズですが、ちょっとしたコツを知れば使い方は …

not-almighty
メガネは万能なものではない

「メガネを掛けたらなんでも見えるようになった。」など、メガネの使用を始めた方は世 …