メガネと視力について

元メガネ販売店店長がメガネと視力についての疑問にお答えします

Original photo by thinkretail

度数の進行を視力表でセルフチェック

      2014/11/17

お子様の目の状態や、近視のメガネを使い始めたばかりの人など、視力が変化しやすい状態の方はご自宅で手軽にできる視力表での定期的な視力検査を行うことをおすすめします。視力の低下が確認できた場合、メガネ販売店でアドバイスをもらいましょう。

メガネを使用している方でも度数の変化によって充分な視力が得られていないとメガネを使用している意味が薄れてしまいます。

ご自身やご家族同士での視力検査の仕方のポイントなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

視力表自己診断で大切なことは

ご自宅で行う視力表を使用しての視力検査は、あくまで簡易的な検査です。厳密な見え方にこだわり過ぎず、1か月程度の検査間隔で「視力の変化、低下があるかどうか」を確認することが一番のポイントとなります。

視力表の入手

ご自宅での自己診断において必要なものは「視力表」のみです。メガネ販売店で販売、もしくは無料配布などで手に入れることができます。

インターネット上で配布しているサイトもありますが、それらを使用する場合、印刷の仕方によっては大きく印刷されたり、小さく印刷されたりしてしまうと測定結果に大きな誤差が出る場合もありますので注意が必要です。

視力表での測定方法

先ほども述べましたが、厳密な見え方の差異を計るのではなく、目の状態に変化があるかどうか確認する程度で充分です。変化があるなと確認できましたら、メガネ販売店などで相談をしてアドバイスをもらうようにしましょう。

なるべく同条件で測定をする

視力表がある室内の明るさの違いでも測定結果は大きく変わる場合があります。なるべく同じ条件になるようにして測定するようにしましょう。

比較的条件を揃えやすいのは、日が落ちてからの部屋の照明を使用しての測定です。日中ですと、季節や天気、時間帯で明るさが変わりやすいです。

お仕事を終えての夜の時間帯ですと、目の酷使や体力の消耗具合などでも視力自体に影響があります。測定はお休みの日にするなど工夫するようにしましょう。

メガネを使用している方の簡易検査方法

すでにメガネを使用している方はメガネを掛けた状態で視力検査しましょう。両眼で見て、おおよそどの程度見えるのかで充分です。

一般的な見え方の目安として、両眼視で1.0程度見えていれば問題ないです。

ただ、視力が出にくい方や、左右の目の状態に差異があるなど、測定時に目の状態について個別のケースとしてアドバイス等をもらっている方はそれらを元に見え方の変化を確認するようにしてください。

なお、裸眼での視力検査は基本的に不要です。メガネを掛けてどのくらい見えているか確認する方が誤差も少ないはずです。

お子様の視力測定

健康診断などで行うような片眼ずつ隠してどのくらい見えるか確認するやり方の方がお子様自身も楽しみながら行うことができるでしょう。メガネを使用している場合は上記と同じでメガネを使用した状態で視力の低下が無いか確認するようにします。

お子様によっては一生懸命に見ることを頑張ってしまう場合もありますので、理想はなるべくリラックスした状態でどのくらい見えているか確認できるのが良いです。いたずらに見えていることを褒めてしまうと頑張って見ようとしてしまいます。

なるべくなら視力表を覚えてしまわないように、視力表は検査をする時以外は目の届かないところにしまっておいた方が良いでしょう。

お子様の場合、低年齢になるほど「見える、見えない」を自己認識することは難しくなりますので、視力検査時以外にも「テレビをキチンと離れて見ているか」、「眉間にシワを寄せるように一所懸命見るようなしぐさ」がないか、普段の生活から注意深く見てあげるようにしましょう。

 - 視力

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

knowledge-of-vision
視力の基礎知識

「視力」とは一言で言っても色々な視力があります。メガネ等を使用しない「裸眼視力」 …

cause
目が悪くなる原因

視力が低下する原因としてよく耳にする言葉ですが「ゲームのし過ぎで目が悪くなった。 …